雑談2021年12月【 市役所から陳謝依頼 】

雑談
雑談

    お話の中身
    電話で陳謝依頼

    時期
    2021年12月

ブラック券面使用

今まで生命保険に限らずすべての契約等は家計管理の私名義でした。

なので、パパが他界して積立代わりにしてた生命保険とかすべてが相続というより、一時所得として確定申告しなければなりませんでした。

という事は。。。

私の前年度の所得がめっちゃ跳ね上がって税金・給付金等すべてに反映してくるって事。


いろいろなところで減額とか支給停止されて、もうひと段落かなぁと思ったらこの電話。

朝10時頃、市役所から電話、何事かと思って聞いてみたら、「振込額を間違えたから今から自宅へ行って謝罪したい。」と。

私はこの言葉を聞いてピンときました、「また減るのね。。」

減るのはもうしゃーないけど1点聞ければいいと思った。

・何が原因でそうなったのか。

多分、人為的なミスですかねぇ?って聞いたらビンゴ!前にもそんなのがあった。だから、信用できないんだよねぇ。



「わざわざ謝罪に来られるのはいいです、修正のみで。」といい、この時間も税金の一部でしょっ!もったいないって呟いてました。

そしたら「では謝罪文を送ります。」だって。意味ねぇー‼‼‼‼‼‼‼‼それも税金の一部でしょ!そんな時間あるならもっと困ってる人とかに時間割いてくれ!って思いました。紙代・インク代ももったいない。

で終わったなって思ったら、最終的にちょい爆弾落とされました。

「年末、子供達に支給予定の一人10万も不支給です。」って。

「へ?!でもテレビでは言ってるのでいくと、支給対象ですよ!」

「あれは、うまく報道がされてないようで、該当しないんですぅ。」

ここで私は少し、プツンと切れました。


「パパが亡くなって収入がゼロになり、唯一の生命保険分が一時所得で入ってきたんであって、儲けたお金じゃないのに、なんであれもこれも減額されるは、税金は高く取られるは。」
「一生やりくりしていかないといけない分から、どれだけ削り取られるんですか!」と愚痴を言ってやりました!

まぁ、元々自宅まで来て謝罪するって言ったんだから、それくらい聞いてくれ~。

その後、私からも謝りましたよ。「すみません、こんな事を言っちゃって。」って。

気に入らないなら自分が国会議員になって政治を変えないといけないって話ですもんね。


あぁ、こんな事なら、生命保険の一部を年金払いにできたので、毎年少しずつ支払いしてもらった方が良かったのかも?!

こんなに影響してくるんなんて、ファイナンシャルプランナーとか会計士とかじゃないと、そこまで計画立てられないよねぇ。

スポンサーリンク
のんをフォローする
自分で資産運用しない投資を公開してる部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました