雑談2022年3月【 確定申告の扶養控除 】

雑談
雑談 雑談(確定申告)

    お話の中身
    別居の母の扶養控除

    時期
    2022年3月

ブラック券面使用

前職中に知った扶養控除。

隣市に住む実母を資料を揃えれば、扶養控除にできると知った。

そんなことを考えたこともなかった。

たまたまネットを見てて同居してなくっても大丈夫ってわかった。

確か条件があって母の年収・年収以上の仕送りがわかる振込履歴とかだったかなぁ。

これが可能になれば、母は高額な健康保険料を負担軽減できるし、私も控除が増えて母を少しでも助けられる。

1石何丁?!

ただ、なんとなく前回市役所の聞きに行ったとき、私の曖昧な聞き方で勘違いしてしまった。

それは、今年母は75歳を迎えて後期高齢者医療保険に移行するから、私の健康保険扶養から外れる。

確かに合ってる!

ただその後、聞き忘れた。

健康保険の事を聞いただけだから、確定申告の話はしなかったことだ。

今年提出済の確定申告用紙を見ながら市役所の課税課の方と話したとき、私がふと扶養控除が次年度はないですもんねぇって言ったら、こう言ってくれた。

後期高齢者医療保険に移行しても、確定申告の扶養控除は付けられますよぉって、えぇぇ!

外さないといけないって思いこんでたぁ(/ω\)

扶養控除があるだけでも助かるもん。

所得税が減免は嬉しい限り。

ほんといつも思うけど、情報弱者っていくら損するのかなぁって。

節税は日本国民としての約束された権利だから、しっかりと節税方法を知る意味でも我が子達、税務署か市役所課税課に勤務する事をお勧めしようかなぁ。

スポンサーリンク
のんをフォローする
自分で資産運用しない投資を公開してる部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました